Product

ニアースラボは現在まで開発した技術をもとに風力発電機の安全点検を自動で行うソリューションを商用化しています。

Overview

ニアースラボのソリューションを使用すると以下のような手順で約15分で風力発電機1基の安全点検を完了することができます。

  1. 作業者がスタートボタンを押すと、ドローンが離陸して風力発電機まで安全に移動します。
  2. ドローンがブレードの位置と形態を認識し、安全点検のための最適な飛行経路を求めます。
  3. 衝突回避技術を活用し、ブレードに沿って数メートル程度の短い距離を一定に保ちながら飛行します。
  4. 高解像度の写真とともに位置情報などを収集し、これをデータ分析ポータルにアップロードします。
  5. 点検が終わったらドローンがベースに帰還し、安全に着陸します。

Autonomous Flight Drone

時間とコスト削減

ニアースラボの自律飛行ドローンは1機の風力発電機を点検するのにかかる時間を15分前後に短縮することができます。これは人が直接することに比べて時間、そしてコストの側面において非常に効率的な代案になることができます。

 

作業安全性及び利便性確保

ニアースラボのソリューションは、ドローンが人工知能技術を活用して自ら経路を設定し、飛行するようにします。 人の直接的な介入を必要としないため、非常に安全で便利に安全点検を行うことができます。

 

定量的な欠陥分析

ブレードに発生した欠陥の正確な位置と長さなど、必要な情報を正確に数値化して測定することができます。また、同一損傷部位のデータを持続的に蓄積し、時間に応じた損傷の進行を確認することもできます。

Data Analysis Portal

ニアースラボはクラウド基盤のデータ分析ポータルを開発·提供しています。 ドローンが撮影したすべての写真はポータルにアップロードされてサーバーに保存され,これをいつでもどこでもオンラインで管理することができます。

 

データ取得

データ分析ポータルはドローンがアップロードした写真を再構成してブレードの形を自動に視覚化し、欠陥の実際の位置と大きさなどを自動的に計算します。作業者はこれを活用して、ブレードに対する多角度の分析及び診断をして,欠陥の種類と深刻度などをポータルですぐに入力·管理することができます。

 

データ管理

ダッシュボードにより、全体保有団地の現況と点検結果などを簡単に確認でき、モニタリングすることができます。また、風力発電機の現状と欠陥の位置や特性など安全点検の結果を盛り込んだ報告書を自動に生成して出力したり保管することもできます。

 

自動欠陥把握

ニアースラボは現在、写真でブレードの欠陥を自動的に発見し、報告する技術を開発しています。この技術が適用された場合、 発見された欠陥の特性を別段手続きなしに把握して管理でき、追加的な措置が必要かどうかについても判断することができます。

Contact Us

ニアースラボは現在、国内の様々な風力発電パートナー企業とともに多数の風力発電機を点検しており、これからさらに多くのパートナー企業との協力を通じてより効率的で安全な風力発電機安全点検環境を構築していくつもりです。

ニアースラボのソリューションの使用や業務提携提案などに関するお問い合わせは下記のリンクの連絡先にお送りください。